掲示板でセフレ探し♪


女性だってセフレつくってセックスしたい


セフレ募集の女の子

女性のセフレ関係とセックス事情

セックスフレンド欲しい女性は思いのほか・・・

以前に比べ、女性の社会進出は目を見張るものがあります。

それだけではとどまらず、セックスに対する性意識も変貌を遂げています。

その1つとして、よく話題に上げられるのは、セックスフレンド・セフレを求める女性。

男性並みに性に対する意識は積極的になっています。

彼氏を作るといってもそうそう簡単にできるわけではありません。

顔の好みや相手の経済力、もちろん自分が好きでも相手が好きになってくれるとは限りません。

彼氏を作るのには時間がかかる女性もいます。ですが、セフレは積極的になりさえすれば、彼氏を作るよりも簡単ですよね。

しかも、割り切った関係なので女性としても楽なのです。

しかし、ただ単にセックスがしたいからという理由だけでセフレを作っているわけではありません。

彼氏ができるまでの繋ぎ…要は時間潰しなのです。

男性からしたら女性とセックスしたいという欲求をすんなり受け入れてくれるという女性といっただけの話です。

一見モテそうでない男性が、出会い系を利用して、たくさんセフレを作ったと言う話を聞きます。

なぜ出会い系を利用すると、男性は簡単にセフレができるのでしょうか。

今日は、女性の側から見た、出会い系アプリの長所をお話します。

セフレ関係は世間体よくない

女性が一番気になるのは「周囲の目」です。

男性と違って、女性が複数の異性と関係を持つことは、社会的には、恥ずべき事、あるまじきこと、と今でも考えられています。

そしてそれが世間にばれた時、友達から軽蔑されたり仕事で不利な立場に置かれることがしばしばあります。その非難は男性の数倍強いことになります。

簡単に言うと、男性はヤリチンであることをネタにできますが、女性はヤリマンであることをネタにはできないのです。

そういったことを避けるため、「自由なセックスがしたい」と思っている賢い女性達は、交友関係や、社会的しがらみとは無関係の環境でセフレを探そうとします。

だから、最初から秘匿性が高い出会い系サイトを利用しているのです。

セフレに対する女性の本心

セフレの存在はトップシークレット。

セフレの存在をうっかり他人に話してはいけないし、女性のコミュニティの中ではとくに注意をしなければなりません。

賢い女性達はそのことを肝に命じています。

なぜなら、女性は仲良くなると連帯感を強めるものですが、逆に、ちょっとしたことがきっかけで今度は足を引っ張ったり、仲間外れにしたりするからです。

特に、男性にモテる清楚な感じの女の子や美人は、いじめの対象になりやすいと言えるでしょう。

「あの子はほんとに男関係がふしだらなんだよ」と言いふらすのは、残念ながら女性のことが多いです。

しかも、親友と思っていた人が悪い噂を流していた、なんてことはよくあることです。

セフレがいても、「セフレなんてありえないよね」と平気な顔して嘘をつき、他の人と口調を合わせるのはそのためです。

このように、賢い女の子たちは自分のセックスライフについて話すことがないので、一見興味が無いようにも見えます。

でも、本当は興味がないふりをしているだけなんです。

快感を求める女性

セックスに興味がないふりをしていても、女性の心の中には、もっと深い快感を味わいたい、いろんな男性とセックスしたい。

という思いはしっかり存在しています。

そして、魅力的な男性を見たら「この人とセックスしたら、どんな感じかな」とごく自然に興味を持ちます。

その男性とのセックスを妄想しながらマスタベーションをして、オーガズムに達することは誰もが経験していることなのです。

もちろん男性の前では、そんなことは聞かれても言いません。

性の快感を求めるのは、男性のみなさんと何ら変わりはありません。

ただ、日本の文化の中で、日本人女性は「羞恥心を持つべきだ」と強制されてるだけというのが現実です。

セフレの存在はバレようにする

ネットに比べ、ナンパは、時間、体力、精神力、が必要ですよね。

まるで竿一本で大海原に出かけ、魚一匹連れるのをひたすら待っているようなイメージが私にはあります。

それはそれで自信のある人にとっては良いと思いますが、現代を生きる普通のメンタルを持つ人間は、もっと効率よく獲物が手に入る方法を探しましょう。

ストリートナンパでセフレを作るのはイケメンでも難しい?

それには、探す場所を限定する方がよいのです。

それでは、女の子が自然と集まる合コンとか同窓会と言う場はどうでしょうか。

相手の顔が見えるので、選びやすいし、お酒が入るので、誘うチャンスをつかむのは簡単かもしれません。

けれど、こういう集まりの欠点は共通の友人が目を光らせているので、噂になりやすいということです。

以前私は、同窓会の席で久しぶりに会った同級生の男性と関係を持ちました。

その数か月後、また有志で集まることになったのですが、彼の私に対する態度が前と違っていて、その場にいた古くからの友人たちが不審に思わないか、気が気ではありませんでした。

ですから、金輪際こういう場で肉体関係を持つのは止めようと思いました。女性はこういう時は女優になって知らん顔できるのに、男性は態度に出てしまう生き物なんです。

むしろ男性の場合は「俺、アイツ食ったんだぜ」と自慢すらするでしょう。

女性側からしたら、その「言いふらされること」によって自分が淫乱女のレッテルを貼られることが怖いし、それが気軽なセックスへのハードルを上げているのです。

合コンも同じでしょう。顔見知りのメンバーに「あの2人はセフレにあるらしい」と気づかれたら、どんどん噂は広まるばかりです。

ですから同窓会と同様、セフレ探しには適していません。

間違ったセフレ関係

自分は望んでいなくとも、彼とつながっていたいがためにセフレでいる。

という、ちょっとせつないケースで、あくまで女性の方は、セフレという関係を望んでいないパターンです。

一度セックスしてしまって、ずっとセフレの関係から抜け出せないままズルズルと関係を続けています。

自分は相手のことが好きでたまらないのに、相手はどうやら自分をセフレと思っている…といった状況です。

自分はセックスが好きという訳でも性欲が強いという訳でもないのです。

女性からしたら「彼女になるのは無理でもセックスしている時だけは私だけを見てくれているような気がする」

といった、好きな男性の言いなりになってしまっている状態です。



ページ上部へ


Copyright.
女性だってセフレつくってセックスしたい